薯襖では、どのような頂Δ軟こるのか

 

薯襖ではどのような頂Δ軟こるのか

 仇寳によってk伏する薯襖の畠てを屎_に嚠yする並はできず、繁議瓜墾を窒れた謹くの箭は、辛嬬な泙袵腓互くへ毛げるという薯襖u蹇rの閲yの圻tに惄辰織羽`スでした。|晩云‐寄寳弔任蓮兀し篠せる薯襖が兜嚠yされた、茲蠅矍bかに互い箭が謹くありました。

  • 仇寳による寄薯襖の瓜墾は仝襖々という冱~から誅颪垢襯ぅ瓸`ジからは殻hいものです。瞬畠wが薯襖にのみこまれ、社は送され、バスや、寄侏巻が今箸ら嬉ち貧げられたケ`ス、20m參貧の互_に閲yしていたのに嘘瘁から指りzんだ襖に送されたケ`ス、薯襖が仇侘をlけ貧がりk燕された薯襖の互さ參貧に_したケ`スなどもあります。
  • 薯襖は匯業だけでなく}技悗砲錣燭衵u蹐掘及匯襖より及屈襖や及眉襖など瘁から輌uする襖の圭が互いケ`スもあります。 及匯襖が哈いた瘁、社にり、瓜墾に壟われた圭もいます。いったん襖が哈いても、薯襖少?]吭鵑盾茅されるまでは閲yを@Aして和さい。
  • k燕された薯襖の欺_嚠r震を^ぎて薯襖が欺_しなかった栽も、薯襖少?]吭鵑盾茅されるまで、閲yは@Aして和さい。欺_嚠r震はあくまでも朕芦であり、gHの欺_r震は欺_嚠r震から念瘁する辛嬬來があります。
 

薯襖のrはどのように佩咾靴燭蕕いい

  • いeれや樋くてもLいeれを湖じたら、また仇寳をwで湖じなくても、仝薯襖少鵝控箸鰔きしたら、いち壼く今斡からxれ、辛嬬な泙蠍澆侭へ閲yしてください。
  • 今邦圈吉により今斡原除にいる繁は、仝薯襖]*吭鵝垢任皹樣yが駅勣です。今からあがる、今斡からxれるなど、すぐに閲yを_兵してください。
  • 閲yをするrは、除くの互_や薯襖閲yタワ`、薯襖閲yビルなどに鬚ってください。

  • 及匯襖の哈いた瘁に社にり及屈襖にのみこまれ瓜墾に壟ったケ`スや、噫寳により壅業薯襖がk伏するケ`スもあり、薯襖少?]吭鵑盾茅され芦畠が_JされるまではQして瓜諜慯鬚砲倭△組襪蕕覆い任ださい。
  • 薯襖の頂Δら附を便るためには、晩から薯襖にvする秤鵑Ъしたり、薯襖ハザ`ドマップなどで社の巓りの芦畠な閲y侭を_Jしておくことが駅勣です。
  • 薯襖は誅颪魍える堀さ、あるいは誅颪魍える侭からやってくることをJRしておきましょう。

もしものために仝薯襖没R々の_Jを

  • 薯襖の裡がある侭には、薯襖が輌uする裡があることを幣す仝薯襖]吭々のほか、薯襖閲y§侭や薯襖閲yビル─を幣す薯襖没RがO崔されています。f匯に笋─∈の除くにいるときには駅ず_Jしておきましょう。
  • また、恷篠りの薯襖閲y侭や薯襖閲yビル、互_などへのU揃を_Jしておきましょう。
  • 晩からハザ`ドマップで裡w侭や閲y侭をチェックしておきましょう。

薯襖少?]吭鵑侶幗と、とるべき佩

薯襖少?]吭鵑侶幗と、とるべき佩
 

 
薯襖の堀さを岑りましょう



邦侮の侮いところの参ニ拔箸魯献Д奪Cなみの堀さ

薯襖はhくからやってくることが
あることも岑りましょう(h仇薯襖)



チリ仇寳が軟こした薯襖が晩云をuった箭
 

しくはこちらのY創式び哺をごEください。

 

 

薯襖頂Δする屓軒の函Mや

☆このセクションでは、すでに屓軒が巷塀にk燕している鬭澆世韻任覆、頂貨のために佩われているhなども函り貧げます。

 殤リでは、峠撹23定(2011定)|臼仇圭湊峠剴_仇寳での封寄な薯襖瓜墾を鞭け、そのrにk燕した薯襖少鵑燐n}とその個鋲貨について、嗤R宀吉による茶?篇を_岸して篇をMめ、そこで函りまとめられた戻冱を児に、薯襖少?]吭鵑琉k燕圭隈や燕Fを筝し、峠撹25定3埖7晩から仟しい薯襖少鵑累\喘を_兵しました。

 薯襖少鵑竜斷鵑任蓮⊇魏┐慮澆気狼慱陲厘トや寳坿を児に容協します。しかし、マグニチュ`ド8を階えるような賞寄仇寳の栽は、すぐには娼業のよい仇寳のトを委燐することができません。そこで、仇寳襖のL巓豚撹蛍の寄きさや寳業蛍下のレがりなどから、賞寄な仇寳の辛嬬來をu?登協し、賞寄仇寳と登爐気譴栽は、恷兜の薯襖少鵤┻斷鵤では、嚠襪気譴觸魏┐慮澆気髻◆絃浚鵝后◆幻澆ぁ垢箸いρ堡~でk燕して掲械並Bであることを擦┐泙后

 仝賞寄々という冱~で寄薯襖少鵑k燕されたrは、|晩云寄寳張ラスの掲械並Bであるため、ただちにできる泙蠍澆い箸海蹐惘樣yしてください

 賞寄仇寳の栽でも、仇寳k伏から15蛍ほどで娼業のよい仇寳のトが委燐できます。そのrは、嚠襪気譴觸魏┐慮澆気髻絃浚鵝后幻澆ぁ垢箸いρ堡~での燕Fから、5粁Aの、任琉k燕に俳り紋えます。また、その麿の仇寳でk伏岷瘁から娼業よく仇寳のトが箔められた栽は、兜めから5粁Aの、念k燕します。

☆峠撹25定8埖30晩から蹐痢鹸鷭魏┥鵝垢鯡e少鵑卜志辰鼎韻討い泙后


 
 

しくはこちらをごEください。

朕肝